カテゴリー: 背中にできたニキビ

菌によって引き起こる背中ニキビ

背中ニキビはなかなか治りづらく、繰り返しできるという特徴があります。

背中ニキビの原因は、カビの一種のマセラチア菌によって
引き起こる場合があります。

病名はマセラチア毛包炎と言い、かゆみや痛みが
伴わないことが多く抗真菌薬を1ヶ月から2ヶ月使用すると
症状が改善されていきます。穏やかな環境

市販のニキビ薬などを使用しても改善しないという特徴があります。

皮脂を好むのでオイリー肌の人が背中ニキビにかかりやすい傾向にあるので、
汗などをかいた後などシャワーを浴びるなどをして
皮脂を取り除くようにすると良いです。

湿気をこのんで増殖していくので多湿の環境を改善すると予防することができます。

背中にポツポツとした赤いできものができたら
早い目に皮膚科の受診をした方が良いです。弱くなる

背中ニキビや粉瘤の対策について

背中にはニキビや粉瘤ができることもあります。
ニキビに関しては極力触れないようにするのと石鹸カスを
残さないように洗い流す、痒い時には氷で冷やすなどして
対策をするのがいいでしょう。

色素沈着をして見た目コンプレックスなら美容皮膚科で
ピーリングやレーザー治療をしてもらうのが一番です。刺激が強い

粉瘤ですがこちらはニキビとは原因が全く違います。
何らかの理由で皮膚の一部がシワのような状態になり、
そこに垢がたまってできるのです。

表面上は黒い点のようなものができます。
何も触らなければ問題はありませんが黴菌が入ると炎症を起こします。

基本的に根本的に解決するには切開しかありませんが、
大体は抗生物質によって炎症を止めます。古い

背中にできていても気がつきにくいのでつい触ってしまうことも多いので
日頃から背中はチェックしておきましょう。