背中ニキビはなかなか治りづらく、繰り返しできるという特徴があります。

背中ニキビの原因は、カビの一種のマセラチア菌によって
引き起こる場合があります。

病名はマセラチア毛包炎と言い、かゆみや痛みが
伴わないことが多く抗真菌薬を1ヶ月から2ヶ月使用すると
症状が改善されていきます。穏やかな環境

市販のニキビ薬などを使用しても改善しないという特徴があります。

皮脂を好むのでオイリー肌の人が背中ニキビにかかりやすい傾向にあるので、
汗などをかいた後などシャワーを浴びるなどをして
皮脂を取り除くようにすると良いです。

湿気をこのんで増殖していくので多湿の環境を改善すると予防することができます。

背中にポツポツとした赤いできものができたら
早い目に皮膚科の受診をした方が良いです。弱くなる